土佐日記(嘘)

若者もすなる、はてぶ(ろ)といふものを、ばばあもしてみむとて、するなり

天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise- を見てきたよ。

4月に入ってようやく、ムラに行けた。
初日映像とかはチラチラ見てて楽しみだったけど、現場にはなかなかいけなかったんだ!
そして、我が愛しのロイヤルさんが初めての娘役!!初日映像見たら、肩めっちゃ出てて麗しすぎた。

というか、1月に自分でネフェルティティやってもええねんで。って書いてて、それが実現したの恐ろしい。

 

次回、天は赤い河のほとりでは、ウルヒとかどうかな?どうかな?イル・バーニかザナンザの予感だけど。なんなら、ネフェルティティやってもええねんで。娘役やるのも一つだよぉ~。

不滅の棘を見てきたよ! - 土佐日記(嘘)

 

 

ただ、天は赤い河のほとりの配役出た時に、割と出演キャラクター満載すぎるし、二番手のキキちゃんこと芹香斗亜さんがラムセスだし、愛月ひかるさんが黒太子で、この二人が一緒のタイミングで出てくるの結構、原作でも後半戦だし、もちろん、ロイヤルさんの役も原作後半戦の役なので、これはどういう展開になるんだ?と思っていた。

結論から言うと、ぎゅっとまとめて、とりあえずキャラクター出してみました!感が強かった。結構、ざっくり飛ばされたところもあったり、改変きつかったりすることもあった。原作でもお亡くなりになるキャラクターだけど、亡くなり方がかなり違うとかね。2.5次元の舞台と思って見に行くとなんか違うなって思うかな。でも、宝塚流の「天は赤い河のほとり」って言ったら、まぁ納得?

 

 「天は赤い河のほとり

テンションあがるテーマ曲

OPの曲、サビでめっちゃテンションあがる。ちょっと音域厳しそうな人もいたけど、テンションあがる。

黄金に輝くロイヤル。

ネフェルティティ。美しすぎる。キンキラキンの衣装にも全くかすまない美しさ。オリエントの秘宝ロイヤル様といっても、過言ではなかろう。

しかし、顎がかなりシャープになった気がする。娘役するから痩せたの丸わかり。宝塚の生徒さんってただでさえ細いのに・・・。肩だし衣装だからだろうなぁ。つか、腋ってあんなに窪むもんなの?折れそうなんですけど?

マッティとタトゥーキア

青年になった二人は、オープニングでしか絡みないんですよね切ない。まぁ、原作も回想くらいだったはずだから、しゃーないけど。
でも、愛月ひかるさん扮するマッティの表情がすごく切なかった。


真風さん結構噛んでた。

私の初見、結構噛んでた。大劇場トップで緊張してるからか、中だるみか。


ユーリがかわいい

星風まどかさんのユーリ愛らしい。まぁ、なんといっても100期生で若いし。新人公演も出演してたって凄いよね。


マッティ雑じゃね!?

マッティ、マッティ言うてるけどマッティワザ。
ミタンニの王太子である彼が自分が愛した姉、タトゥーキア(のちのネフェルティティ)のイヤリングをユーリにあげちゃう件がすごい軽いと思った。しかし、これやらないと、ネフェルティティ出せないから仕方ない。

不意にザナンザにときめく

桜木みなとさんも美しい。というか美しいしかない。宝塚こわい。まぁ、パレードの時にずんちゃんと愛ちゃんがファー肩にかけてて、それもある意味怖かったけど・・・。*1


ウルヒとナキア、マッティとタトゥーキア

なんかちょいちょい挟まれる、二組のカップル(?)の回想シーン。まぁ、これだけのキャスト出すならそれ大事だよね。でも原作知らんなら分からんかも。


キックリがイケメン

キックリが語り部やってくれて、で、なんかキックリめっちゃイケメンって思った。さすが宝塚。どの役もかっこよくなる。
キックリ役の凛城きらさんって前回の大劇場公演神々の土地で少し悪の要素が強い女性の役で、またそれとは違う役どころで、前とも印象違ってまた素敵だなって感じた。
だから、次はロイヤルさんにもそんな風に思えるかな。

ラムセスの曲が割とかわいらしい。

WOWOWの番組で、ハクナマタタみたいだってご本人仰っていたけれど、たしかに。ってなった。

胸像のシーンはあってよかった。

いや、まぁ、ネフェルティティ出すならこのシーンださずにどのシーン出すねん!!って話なんですけどね。そうそう、最後までネフェルティティにお仕えするトトメスええ人や。

 よく言えば贅沢、悪くいえばもったいない。

ほんっと、キャラクター多いから!ぎゅっとつめすぎ。正直、完結してる話だからユーリが異世界からやってくるところから、タワナアンナ(后妃)になるまで全部やったってことなんだろうけど、だからバサッバサッ!ってシーンが変わっていくので、出演時間短い人多くない?ロイヤルさん、最初でてきてから次出てくるまで、1時間くらい出てこなかった気がするんですけど?


ま、でもロイヤルさんが美しかったしいいや!

 

シトラスの風-Sunrise-

ムラのピアノ自動演奏で高まってた。

 大劇場入ってすぐにピアノがあるんですけど、その演目の曲を自動演奏してくれちゃってるんですけど、シトラスの風が流れてて、それも高まったよ!

組長の手の動きが渋い

幕があがって、男役さんが壇上にいるけど、宙組男役最上級生宙組組長こと寿つかささんの手の動きがしぶい。これが宙組の歴史をすべて受け継がれた「シトラ~ス」か!!!ってなった。

 

ロイヤルさんがやっぱり細すぎる!!

2幕になったら男役なんですよ!ファンとしては一度で二度おいしい気はするけど、やっぱり男役の線にしたら細いな・・・ってなった。心配。

 

ステートフェアがかわいい

でもどうしてもメリーポピンズみ見えるし、ペンギン出てきてほしくなる・・・。

 

ノスタルジアがかっこいい

士官の格好でね、ロイヤルさんがいるんですよ。え、足長すぎじゃない?え、さっきまであの美しかったネフェルティティと同一人物なの?え?ってなる。ロイヤル。
ロイヤルさんだけじゃなくて、ここにきて、芹香斗亜さんのかっこ良さに気付く(遅い)いや、だって、ラムセスちょっとコメディ要素強くなかった?

 

とりあえず、ロイヤルさん男役が見られてうれしかったけど、やっぱり細くて心配だった。リフトなくてよかった。

 

 

あと一回しか見られないのしんどい。でもおかわりする暇がない!!!

 

だけど、美しいから、ぜひ見て!特に26秒あたり!!

www.youtube.com

 

*1:宝塚は最後のパレード(階段降り)の時に序列を羽背負わせたりして明確にしたりぼかしたりして、それが宝塚ファンにとっては割と闇が深いなっていつも思う

かんそう。

たまにやってる人の褌で相撲を取る的な、人さまのブログを引用して糸口にしてエントリーするやつ。

 

gatikoi-senpai.hatenadiary.com

すごく優しいなって思った。今の私は、もし、推しの人気が落ちたらまぁそれはそれでしゃーないし、本人が決めることだから、いいけど寂しい。くらいの気持ちになると思う。推しを見ていたいけど、その道を開くのは推し自身だから。

そして、推しが落ち目になったり消息不明になったピンチの時こそ、ガチ恋的にはチャンスでは?と卑怯なことを考えてしまう。
俳優じゃないから、アレだけど、過去に応援してた人の消息掴めなくなったこと何回かあって、うち一人は前にも書いたけど、もう一人は結構、辺境の地で活動していて、どうにかこうにか見つけて、現場行った時、めちゃくちゃ驚かれた。そして辺境地まで私が行ったもんだから、そこから相手から見る私という存在が割と、変わった気がする。ただ、私の容姿が残念すぎて恋には至らんかった。残念。

今でこそ、ばばあはガチ恋なんて無関係ですぅ~。みたいなスタンスだけど、それは紆余曲折あってのスタンスで未だに、(推しの)ピンチこそ(ガチ恋の)チャンスっていう邪な考えをしてしまうもんなんだな。

 

mey72.hatenablog.com

特に後半のこれめちゃめちゃ、ほんまに!それ!って思ってしまった。

 

『推しを自分の全てにしない』

炎上したときの気持ち - もじょ、もじょ、もじょ

 
これで、めちゃめちゃしんどくなってた時期があった。
自分の人生、全部推しのばっかり。って思って無理して、いろんなものがつぶれかけたので、無理しないようにしよう。そして、改めて「推しを自分のすべてにしない」ようにしよう。とはいえ、今の推しさんは、私全然、ガッツじゃないけど!

広告を非表示にする

ミュージカル 陰陽師~平安絵巻~ プレビュー公演を見てきた。

今更、もう終わったけど。中国本公演これからだね!
でも感想っていっても感想少ないんだけど!

 

www.youtube.com

 

・久々の良知君。
ものっそ久しぶりに良知君みた気がする。20年ぶりじゃないか?と思ったけど、そうでもなかった。でも、私中では未だに20年くらい前の良知君からあまりアップデートされてなかったから、あれー。良知君こんな顔だっけ?ってなってしまった。

 

・名乗ると背景に名前バーン

ゲームみたいだ。原作ゲームだもんね。

 

・急急如律令
きゅーきゅーにょーりつりょーって頭から離れない。
振付がやっぱり本山さんな感じ。

 

・なんかこんのすけみたいなのがいる

小白っていわれた。でもとても生きているみたいで操るのお上手だなって思った。

 

・誰やと思ったら見覚えある人だった。

黒無常、平田さんよね。白無常も内海さんよね。(ちゃんとキャスト把握していけ。)

 

・仲間になるのはやっ・・・。

これもゲームみたい。展開が全体的に全部急。

 

・あ、上半身裸なんじゃなくて裸風シャツなんか!
源博雅酒呑童子は、胸出てる!って思ってたけど、あれよくよく見たら、皺よってて、裸じゃないんや!って思った。(どこ見てんねん。)

 

・大天狗VS博雅にデジャブ
とくに大天狗さんがちょっと柄の長い団扇持ってるしね。

 

・続きがあるの?ないの?
なんかもう終わりがあるのかないのかよくわからん状態だった。

 

ゲームやってないからどんな話かもしらんけど(なぜ見に行った。)、どんなもんかなぁって思ったが、なんかめちゃくちゃ引き延ばされてる感じがした。内容っていうよりも、見た目とかをドーンって見せる感じかなって思った。
あと、ミュージカルっていうよりも2.5次元ミュージカルって銘打った方がいいのでは?と思った。

危険な所に足を踏み込んでるんじゃないか。

先般、地震の特番を見ていておもった。
もし、大地震が劇場で起きた時、どうなるんだろう。

劇場 地震 避難

で最初に出てきたのは新国立劇場だった。

www.nntt.jac.go.jp

なんか、すごい耐震です!って言われてる。
だけど、最初に落下物に気をつけろって書いてあって、劇場の場合、私はそっちが心配なんだよねぇ。あと次に心配なの誘導。

 

で、だ。2番目に出てきたこれ。

 

消防庁 地震防災マニュアル

 

この座席と座席の間に鞄を頭にのせて避難するの、これ!理想だけど!現実、これできる?すぐできる?足元荷物だらけの人いたらどうする?大丈夫?え?
てか、座席と座席の間に人はいるスペースある?
火災起きて煙が出てきたらなるべく体を低くして非難するって言われてるけど、できるのか・・・。

あと、緊急地震速報ならないよなぁ。
携帯を切るなというわけじゃない。マナーだっていうのもわかる。
だけど、きちんと速報やらなんやらが、出た時に、場内に鳴るシステム備えてるんですよ・・・ね?
といじわるな感じで聞いてみたい。(どっかの劇場は、震度5以上は鳴るって書いてあった。)
地震だけじゃない。ミサイルだって飛び越えるご時世なんですよね。Jアラート鳴る?

私は、観客でいることばかりだから、自分のことになって客側が逃げることについて考えるけど、演者側には自然災害の緊急事態の時、どうするのか伝わってるんだろうか。というか、そういうこと意識、みんなしないよね。
でも、演者側の方がきっと頭上からなんか落下してくる率高いと思うのは私だけだろうか。


ざざっとしか見てないけど、公立の劇場では結構情報がオープンにされている気もする。

zenkoubun.jp


ただ、公的機関の文化方面ってなんとなく一番お金が行かなさそうな部門で、安全性に費用が割かれているのか、若干、疑問ではあるけど、まぁ、それはただの婆の邪推だ。

避難訓練込みのコンサートなんかを実施してる自治体もあるようだし。

第3回避難訓練コンサート報告「劇場で地震と火災が発生したら!?」~もしもに備えてみんなで訓練~ | 熊本県立劇場

 

新国立劇場もやってるね

www.youtube.com

 

ただ、観客がいないところでも防災訓練やってるのかな?って思う。
うちの職場(劇場でもなんでもないけど)でも防災訓練することあるんだけど、防災訓練する時、なんでかよっこいっしょって色々と道具準備しだすんだよね。
いやいや、防災訓練に使う道具って、よっこいっしょって出してくるもんじゃないでしょ・・・。って毎回、今回の防災訓練の意見のとこに書いてるんだけど、全く反映されない・・・。
だもんで、避難訓練コンサートとかやるのいいんだけど、例えば新国立劇場の動画にある、劇場の人が持ってる「落ち着いてください」っていうような紙は、普段はどこに置いてあるんだろうか。と思ってしまう。


災害なんていつ起こるか分からないし、この先起きないのかもしれない。
そんないつ起こるかも分からないことに、ばっかり気にして生きていくわけにもいかない。
しかし、十数年でも被害の大きな地震を目の当たりにしているわけで、遠い話でもないんじゃないかなぁ・・・・。

 

まぁ、劇場の内情なんて私が知る由もないから、てめぇのは全部邪推じゃ!って言われたら、それはそれでいいんだけどねぇ。むしろ、その方がいい。

なんか今の推しがやっぱり好きだなって思った。

少し前、推しの現場に入ってきた。なんかよく分からないけど、正直、開演前まではわたし、なんでこんなくっそ忙しい時に、推しを見に、こんなとこまで来てるんやろ?あーなんでやねん。と選択したのは自分なのに、結構ひどい有様だった。
開演して、推しを見てたらなんかよくわかんないけど、楽しい。なんかすごい楽しい。
別に良席だったわけでもなく、何かファンサがあったとかいうだけじゃなくて、ほんとに推しが見られて楽しかった。

 

え、めっちゃ最高やん。ってなった。

 

推しの次の現場、モチベーションだだ下がりだった。発券すらしてなかった。このまま発券しないまま当日迎えそうな勢いだった。なのに、推し最高!ってテンション高くなって発券したら、最前ひいた。つよい。


正直、ただ、見るだけで幸せな気分になれるとか自分でも驚いてるけど、段々、距離感が見えてきたのかなって。覚えられていないからこそ、自由に楽しく自分のペースでできるなって思う。待ちもプレも何もしない。手紙を書いて感想を伝えるだけ。推しの為なんかじゃない自分の為に推しを見に行く。去年おこしかけていたブレは修正できてる。

 

麺であれ俳優であれ、好きな対象を見られるだけでうれしいっていう感情が、久しぶり過ぎる。ずっと、私は自分が楽しむというのを忘れてた気がする。そりゃ、現場行けば楽しかったけど、その前に対象とかそのファンとかのあれやこれやを常に考えていた。終わってからも、なんか鬱蒼としていた。
応援してる対象に対して、私はあんたの愚痴掃きだめなのか。と思ったこともある。スケジュールが事前に分かる。なんかあったら、とりあえず直接連絡もとれる。出待ち・入待ちは事前に何時にくるか聞いておいたり、メールで聞いたりして、しれっと待ちに参加もできる。だけど、それって、結局なんか私にとっては全部、自分が都合よく動くために「ありがたい」程度だったんだよね。だけど、よくまぁそこまでやったなって思う。いや、ほんと。
だけど、そんなのなくたって私は十分、推しを見られるただそれだけでなんか楽しいんだよなぁ。


とりあえず

推しさんの次の現場楽しみだよ!!!

ミュージカル「刀剣乱舞」~つはものどもがゆめのあと~ を見た。

ややネガティブ感想多めかもしれない。


〇あっという間に終わった。
舞台版も入ったことあるけど、ミュージカルは今回、はじめて入った。
でも気付いたら終わっていた感がある。
さらっとしてたわけじゃないんだろうけど、なんか入ってこない。座席がステージに近かったから?ん?
なんだろうね、全体的になんかぼやんってしてしまった。


〇座ったまま団扇
着席ブロックか。
一応、団扇は作った。けど、ジャニヲタかよってなった。(きっとフォントのせい。優雅宋好き!)


〇時間遡行軍こわい。
ちょいちょい毛羽立ってたけど。
でも怖い。


〇今剣が折れそう
細いなって思ったけど、二部の時更に細いなって思った。


〇衣装の露出度多くない?
露出多くて、体型を保つのすごいなっておもった。小狐丸さんの胸筋はあれ影書いてるんじゃなくて、本物?


〇ダンサーすごくない?
ダンスのクオリティ高いなって思った。同時に本山先生っぽいなとも思った。


〇兄者のターンのキレが半端ない。
やっぱ、バレエ基礎の人強いねって思う。


〇膝丸が意外と筋肉凄い。
なんかのポージングの時に二の腕の筋肉もりあがって、なんかすごいなってなった。これが妖怪の・・・・。(最初、Dream5って聞いた時、恥ずかしながらdream*1とFloder5*2の複合かと思った!)


〇分かった分かった的な対応を見てしまった。
私の近くのお嬢さんが目の前に自分が団扇持ってるキャラが来たんだけど、なんとなく複数回入ってる人っぽくて、気づいたらキャラは、「うん。うん。分かった分かった。」ってちょっと雑に見える感じで対応してて、「対応雑やな!」ってちょっと思ってしまった。
だからってどういうわけでもないけど。

 

ミュージカル版と舞台版の違いがあんまり分からなかった!運営者が違うのは知ってるけど、なぜこのコンテンツは2種類の演目があるのだろうか。あ、ミュージカルの時にCD売るから?ん?
でも、ショータイム(2幕)は凄いいいなって思ったので、これは、私は、真剣乱舞祭に行くべきだったのか・・・。と。
1幕がほんとに頭に入ってこなくて、これは私の修行が足りなかったのか、座席が良席過ぎてぼーっとしていたのか。

安宅の関見てたら、滝沢歌舞伎見たくなったんだけど。よぉいやさぁ~したい・・・・。

*1:Movin' on Movin' out ってやつ。

*2:Folderの女子組

何組を見に行ったらいいですか?って聞かれる問題

現実世界の環境では職場も含めて、観劇やらにいそしんでいることはオープンにしてる。昔は隠してたけど、隠してるとややこしい。いや、趣味とか特にないですって言ってるとなんか変な感じになるし、割といろんな人と話すことが多くてその割には、旅行(という名の遠征)行ってること多いし、関西出身のくせに東京の土地勘がそこそこあるし・・・。ということになるので、「観劇が好きです」って言ってる。そしたら大体、つっこまれるのが、「どんなの見に行くの?」だ。

でも、2.5次元とか言うのは説明も何もかもがややこしいので、その場に応じてジャニーズの名前だしたり、宝塚行ってますって言ったりする。今年は新年のあいさつの時に職場で例年以上に言われた。

「宝塚行ってみたいんですが~何組がいいんですか?」

いや、何組も何も・・・好きな組を見ればいいよ!!

ってなるけど、まぁ、それを言っちゃおしまいだ。社交辞令かと思ったら、割とみんな思ってはいるけど、きっかけがなくて~らしいので、チケットとったら行くみたいだ。現に明日私行くんだけどっていったら、一緒に行きたいっていうから慌ててチケ探して行ったから、行きたいんだとは思う。

で、宝塚って組に分かれてることがあまりにも有名すぎるのと、システム分かってないから初心者がいきなり何組みたらいいの?ってなるんだろうけど、組に特化して見に行くって言うのは基本的に好きな生徒がいるっていう状態になってからじゃないかと思うので、組じゃなくて演目で選ぶことをいつもおすすめしてる。

とりあえず、聞かれた時はだいたい以下の3項目を伝えてる。
・組で選ぶよりも演目で選ぶこと。洋風の演目と和風の演目があるからどちらが見たいか。
・1幕芝居(ミュージカル)+2幕(レビュー)というのが基本で、一部演目は1本物だけど、基本のセットがおすすめ
・1本物かどうかの見分け方は、演目のタイトルが2つ書いてるかどうか。


しかし、それを伝えたあとみんな大体いうんだよねぇ。

ベルサイユのばらとかやってるんですか?」

 

はいきたー!はいきたー!ベルばら!でも、だいたいそういう人に限ってベルばらで知ってること、オスカルくらいだったりする。まぁ、有名だしね。そこきっかけもいいと思うんだけどね!

ただ、
フェルゼンとマリーアントワネット編-でも大丈夫?

いや、きっと大丈夫じゃないはずだ。めんどくさいから、いつも心の中でしかつっこんでないけど、きっと大丈夫じゃないはずなので、「100周年の時にやったんですけど、最近やってないのでまた再演はするでしょうねーははー。」って笑って終わる。意外とベルばらって原作ファンでもない限り、宝塚歌劇初心者向きじゃない演目だと思うんだけどなぁ・・・。一本物になっちゃうしねぇ。