土佐日記(嘘)

若者もすなる、はてぶ(ろ)といふものを、ばばあもしてみむとて、するなり

座席を埋める人

あんまりまとまってないけど。

見に行きたくてとったチケットがあった。一般でとった。しかし、チケットがどう考えても、出演者のファンクラブの配席よりもかなり良かった。たとえだけど、私がとれたのは、1階前方センターで、ファンクラブに入ってる人は2階席後方サイド(割と見づらい)みたいな感じ。

ふと、昔言われて心に残っていた言葉がぶわっと蘇ってきた。

「ばばあちゃんは、お客様だから。悪い席はファンが埋めてくれるから。」


随分前、ある俳優が出演する舞台のチケットをその俳優名義でとってもらったことがある。とってもらったのは、その俳優さんの身の周りの人で「とれるよ。」と言われた。興味はあったけど、それはその場の社交辞令かと思っていたら、後日、きちんと打診があった。結局、チケットをお願いした。代金を払う払わないというのが、めんどくさいので、代金はお支払いします。って言ったし、当日精算した。
そしたら、驚くくらい良席がきて、「えっ!?」ってなった。金額は念のため確認していた。馬鹿正直に定価精算してしまっていたので、超絶びびって、確認したらおったまげた返答がそれだった。


まぁ、宝塚とかそんな世界だと思うけど。だから、宝塚の会みたいに、「〇〇さんのため」と集まった非公式な後援集団であれば、そういうのもわかるし(チケットの取次書とかには、〇〇さんの為に1枚でも購入お願いします。みたいな文言入ってること多いし)、後援会と名売っていたら、それもわかるんだけど、私は、公式が運営しているような「ファンクラブ」は「ファンが〇〇のために」の割合よりも、「〇〇のファンのため」の割合が高い集団になってほしいなと思っていたので、結構、衝撃的な言葉だった。何よりファンが後方も埋めてくれるなんて考えはやっぱり、なんだかなぁって思う。それは、せめてファンが自発的に私たちが埋めなきゃって思うことはあっても、演者側の関係者が言うことではないような気がしてた。

 

まぁ、今回とれたチケットが、どういうわけでそんな配券になったのかしらんし、それなりにバランスを考えて配券されているもんだとは思うんだけど、ファンクラブと一般で、こんなに差があるというのは、やっぱりどうしたもんかなぁ。
そう大して、大人気公演ってわけでもないだろうし、それこそ一般でそんなに売れなかったら、前方席がスッカスカの可能性だってあったわけですしね・・・。

 

ちなみに、推しの名前だしてないから、アレだけど、推しの次の舞台もどうもチケットの売り上げ厳しそうなんだよねぇ。あーまたスッカスカな現場かな・・・・・。でもまぁ、推しが見られるから楽しみにしてるよー。

世間とは、チケットへの執念が違うようだ。

ここ最近、人のチケットをとっている。
けど、ガチでとるのえげつないなって思ったやつはなかったので、チケットはそろえてきた。なかには、一般発売以外にもカード枠があるやつもあったので、一般発売前に抑えたりもした。とったチケットは一般発売では5分くらいで完売したけど、でも感触とてしては激戦でもなかったイメージがある。
しかし、私にとっては余裕だったけど、どうも頼んできた人にとってはそうでもなかったらしい。私がとれた連絡送ったら、まだつながってもいなかった!と言われた。まじか・・・。となった。

正直、私の予想では、一般完売は予想外だったけど、このチケット、絶対にとれると思っていたし、実際にとれていて、はて、なんでや?
って思ったけど、ぼんやりチケットに対する執念の違いなんだろうなぁって思った。
チケットとるためには、色々と労力使うわけで、しかも一般発売なら申し込んでおいて、抽選待っておく先行とはまた、違う労力が必要。(抽選も抽選で諸々調整が大変だけど。)
となると、労力使ってんだから、なんとしても取らねば。それが人のチケットであろうとも。しかも若手俳優とか関係ないような友人・知人なのでなおのこと是非、舞台とかコンサート観に行ってほしい。となってしまって、チケ取りに割と本気だしてしまうようだ。

まぁ、チケットへの執念がすさまじいことになってるから、おのずとチケ取りのコツみたいなものも身に着けてしまうんだろうなぁ・・・・。
ちなみに、今の推しに関しては、チケットが争奪戦になること、まぁ、ないので、一般取りのコツみたいなもの使うこともなく、チケ取りはのほほんとしたもんやで。

解脱への道は遠い。

結局、未練がましく断ち切れない人の現場に入ってきた。しんどかった。あーもうしんどかった。なんだろう。もうファンなのかなんなのか自分がよく分からなくなってきた。私はいったい、あなたのなんなのさ。って考えてしまう、解脱できてない自分と、いや、私はただのあの人のファンだから。ってなる自分でいた。また感情があやふやになってしまった。

なんとなく仕事終わりに来ました。汗でほとんどメイク落ちてます。みたいな恰好でいって、もう幻滅してくれたらいいのになってなって行ったのは、失敗だったのか成功だったのか。結局、頑張って仕事終わりに来た。みたいになってたから、失敗だ。
見つからないようにって思う自分と、でも行くね。って連絡してしまった自分がいて、ずっと矛盾だった。

すぐ帰ればいいだけの話なのに。ふらふらと現場でてから、連絡が来そうな気がして。すぐには帰らずにちょっと時間つぶして、案の定連絡きて落ち合ってご飯食べたけど、おいしいはずなのに、おいしいのかよく分からなくなった。というか話は殆どしてない。そんな話すことなんてないのよ。今、若手俳優に夢中なんです。って話はしなかった。ほんと私のどうしようもない話をいつまでも覚えてくれてるから、うかつに話せない。「最近どう?」って聞かれて、ゆるっと仕事の話をして、●●さんは?って聞いて、話を聞いて。でも、私は彼のSNSを知らない設定なので、あ、それ、知ってる。写真載せてたね。みたいな感情は抑えて、初めて知ったフリして話を聞く。でも、すごく話が広がるわけでもない。

悪いから自分の分は払うって言ったけど、全然受け取らないし、私だってもう子供じゃないんですけどね。立派なばばあなんですけどね。おじーさん。って口にはださないけど、思っていて、後でコンビニ寄って、お酒とつまみ渡して、帰るねーってかえってきたけど。なんだかなぁ。だった。現場の感想が全く頭に残らない。

見た限り、オンリーじゃなかった。他にもファンきてた。どうやって、その人たち巻いてきたのか知らないけど。
二人でご飯食べてって、これで、私はただのファンだし。って言いはるのは無理があるよね。でも、ただのファンだって言い張りたい自分がまた出てくる。好きって感情は腐ってしまって、何かの違うものに変わって、どうしようもないところに、迷い込んでしまったんだ。解脱への道はまた遠い。
まだ、私もばばあにつま先つっこみかけた頃だったら、違ったかな。いや、違わない。
こういうのが、今始まったわけじゃない。昔もこうだった。現場行かなきゃいいんだよ分かってる。知ってる。でも、それができたら、拗らせてないわ。



これまでは、基本的に相手が引退することでちょっと昇華してきた部分があるので・・・。あーーーー引退・・・いや、この人は一生現役とか言いそうだ。

8cmシングルとカセットテープとはこのことだ。

部屋の整理をしていたら、いろんなものが出てきたんだけど、
こないだ、職場で若い方が、8cmシングルもカセットも知らなくて、ジェネレーションギャップを感じていたところに、なんか円盤が出てきたので、こういうもんだったな。っていう話

というわけで、ドーン。

左から、

L'Arc~en~Ciel 「Lies and Truth」1996年発売

Lamiel 「NakedEye」1999年発売

Raphael「Sweet Romance」1999年発売

 

f:id:bba_tosanikki:20180812020653j:plain
f:id:bba_tosanikki:20180812020702j:plain

 


もう20年くらい前の物か・・・。シングルは8cmアルバムは12cmって謎の決まりがあって、98年頃くらいかな?12cmでシングルだすとマキシシングルとか言われてたなぁ・・・・。てか、なんでこんな8cm作ったの?全部12cmでええがな。って今なら思う。収納めんどくさい。

ちなみに、Lies and Truthは名曲だと思うし、カラオケでは、PV見られるから、ぜひどうぞ。RaphaelはアルバムのMindSoapが割と名盤だと思ってる。
未だにLamielとKeinとPhobiaのメンバーがごちゃ混ぜになっている。


ちなみに、カセットテープ(デモテープ)も出てきた。こんなん、いわゆるV系界隈では売られたり、配布されたりしてたよねぇー。なんでこのバンドやねん感は否めないし、なんで私の手元にあるのかも謎だらけの一品。

f:id:bba_tosanikki:20180812020705j:plain



しかし、まだ大量にCDとかあるけど、これどうしたもんかなぁ・・・。

 

夏の宿題

以前の職場の職種が、本当に字が汚いと務まらなかった。が、なぜか字が壊滅的な私がその職についていた。このままだと職失うし・・・これアカン!ってなって必死でこの文字はこんな感じのバランスで書く!てな感じで覚えて、それなりの文字は書けていたと思うけど、今はその名残が薄い。昔から習っていて、培ってきたものと、付け焼刃は違うものってのがよく分かった。

 

そんな割と字が、アレな私の推しの字はとても綺麗だ。多分、習ってたんだろうなぁって思う。それに比べ、私の字は一体なんだ・・・。
それでも気を張って書けば、まだマシなんだけど、それを持続させるのはなかなか難しい。ずっと気を張ったまま書いてると書くことが分からなくなってしまう。手紙ってやっぱり多少は考えながら書くので、ばばあはデュアルタスクに弱いうえに、気を張ると、結構疲れる。もうちょっと手紙は気軽に書きたいとは常々思っていて、でも、美文字練習セットみたいな本も、某キャンも性格的に長続きしないなって思ってたから、この件、保留にしてたけど、近所の店のワゴンでひらがな練習セットが投げ売られていたから、ひらがな練習セット買った。まずはひらがなからだ。

 

呉竹 水でひらがな練習セット KN37-40

 

 

結構でかいけど、小さいとなくすし、ひらがなの文字を何回もなぞれるからいいかなって思った。なぞれば書ける!みたいな本あっても、何回も何回もなぞろうと思えば、コピーしたり、消したりしないといけないけど、これは乾いたらまたなぞれるし。


書いてみて思ったのは、意外と自分で覚えていた字形と、違っていた。そいや、前にがんばって書いてた時も字形が違って見えたな・・・。そして、なぞるだけなのに自分の癖があって、最初は見本通りになぞれなかった。
何回か書いてみたら、ちょっとだけマシになったような気がするので、次の現場までちょっとは続けて、気を張らなくてもマシな字が書けるようになりたい。

 

つか、amazon意外と高いな。
ほんと、私のやつワゴンで投げ売りされてたんだけど。

ミュージカル 『テニスの王子様』3rd season 全国大会 青学VS氷帝 をみてきたよ。

みてきたよというか、連日見ています。
推しとかそっちのけで、何かにとりつかれたように、夏を満喫どころか、ちょっと自分がおかしいんじゃないかなって思いながら、メルパルクに駆け込んでる。
既に1回、東京公演見てるけど、もうそんなの忘れてたよね。
とりあえず書きたいことだけ。

 

ヘビーレインの耳を澄まそうの振りがベタ!

でも好き。

 

シンクロないんかーーーい!!!

いや、どっかに新曲あててくるとは思ってたけど、セッカチも風と激流もあるし、この流れなら、シンクロもやるんじゃね?って思っていたら、打ち砕かれたwwヘビーレインが一番好きだけど、次に好きなのシンクロで。まぁ、2ndの時歌割変わってたから、その時点で「私のシンクロは死んだ」(アンダルシアの熱い花の私のイザベラも死んだ!と同じテンション)わけですし。でも、来るかな?って思っていたわけだから、ちょっとだけ寂しさ感じるんだ!!

 

でも、ふわふわカワイイからシンクロの件はチャラにしておく!!

 

今のテニミュも好きだし、まだチケットがそれなりに手元にあるけど、放出はしないし、もうちょっと気持ちの整理ができたら書くかな。

 

とりあえず、仕事帰りにテニミュ連日は結構しんどいぞ!!

WEST SIDE STORYをみてきたよ!

リフですか。まじですか。リフですか。ってなっていたんですよ。というか、ウエストサイド物語に、ロイヤルはどう絡むわけだ!?なんですよ。 ほら、やっぱりウエストサイド物語って、宝塚の清く正しく美しくとは若干、ズレがあるでしょ。ブロードウェイミュージカルとはいえ。しかも、我がロイヤルさんは、ロイヤルなんですよ。高貴なんですよ。それが、ギャング団のリーダーだってぇ!?ぬぁにぃぃ!?なわけですよ。ちょっと心配すらする始末。だけど、そんな心配はいらんかったね。

 

ロイヤルはクールだった!!!

 

クールガイなんですよ。そんな歌詞もあるから更にかもなんだけど、いつも、ロイヤルなんですけど、クールでした。なんだその引き出し。高貴さ転じてクールガイってやつですね。結構、配役出た時に厳しい言葉をいくつか拝見したわけですけど、まぁ、それは私がとやかく考えたところで、自分が素敵だって思えるもの見られればいいやって切り替えて、やっぱりね、凄く、素敵なんですよ。ロイヤルさん。素敵。

白人の役だしギャングって言っても、好青年感でるんじゃないのかなって思ってたし、公式写真はちょっと美しい、好青年だと思うんだけど、クールだった。つららの先端のような鋭いギラつきをまとっていて、私は凍ったね。氷の世界に立ち尽くしていたわ。でも少しも寒くないわ。(話がミックスされてるし、全然氷関係ないのよ。)

 

結局リフ死ぬんだけど、(主要人物は殆ど死ぬんだけど。)ベナルドと戦う時のリフかっこよかったし、シャークスとのにらみ合いの目はやっぱり鋭いのよね。怒った顔が鋭いの他の演目で知ってたけど。でも、すごくかっこいいの。一番好きなのは、膝立ちでターンするところ。え、かっこよすぎだし、足長すぎて毎回、毎回、自分の足の短さに神様はとても残酷だと思うけど、こんな素敵な方がいらっしゃるので、不問とする。となっている。(妙な上から目線。)
こんだけ良かった良かった言ってるけど、そりゃ、ちょっとダンスとお歌の後に、少し息も切れ激しすぎないかな?って思うところもあったけど、やっぱり一番は、ギャングになってたところかな。高貴オーラが消えてた。すごいね!そして、いつみても綺麗だし、足長くていや、ほんと同じヒトなんだろうか。構成の違いを知りたい。

 

そう、ベナルドも超セクシー愛月ひかるさんでね。エロい。やっべぇ。エロい。愛ちゃんほんとに役の幅がめちゃめちゃ広すぎて。怪僧ラスプーチンかーらーの不老不死エロールかーらーのマッティの切ない表情かーらーの、べナルド!べナルド超かっこいい!
アニータのずんちゃんこと桜木みなとさんも美しかった。べナルドとアニータの絡み、超エロいから。なんか爆発しそうだった。ほんとこの二人のダンスすごかったのよ。
そして、ここまできてトップコンビのこと書いてない・・・。けど、やっぱりべナルドとアニータの印象が強烈すぎて。

 

ただ、カーテンコールで、トップが羽背負ってないのは、寂しいというか、ショーがほしい。宝塚はショーだけじゃないけど、芝居とショーがあってほしいなぁ。なんて。次は白鷺の城!はい次も楽しみ!はい!

 

そして、もうすぐテニミュが大阪来るので私の夏がようやく始まるんですけど、自分でもちょっとスケジュールがおかしすぎて、仕事もこなして、私はまた24時間後にここにいるのか!?とか、翌日、東京日帰りもこなして、24時間にここにいるのか!?とかこれ、なんの罰ゲームなんだろう。私、今年の夏をちゃんと過ごせるのかな。