土佐日記(嘘)

若者もすなる、はてぶ(ろ)といふものを、ばばあもしてみむとて、するなり

演技してる推しを見てきた感想

推しって演技好きなんだろうなー。
役者やりたいんだろうなーって思いました。
推しはこんな表情も見せられるんだって嬉しくなりました。
正直、お話は私は好きではなかったけど、でも推しの役は好きだった。
いや、演技をしてる推しが好きだったんだと思う。

 

ただ、やっぱり舞台上の推しは最高!って思うのに
そこで終わらなくて、お節介ばばあになる自分がしんどい。

挨拶の時は、髪の毛いじらないでほしい。いくつやねん!
お花ありがとうとか、言うのいいけどあなたのお花もっと会場にあったじゃない。
どうして、一部だけ映した写真をアップするんだろう。
そりゃスタンドは目立つけどね。でも、スタンドだって何個かあったし、
アレンジだって会場にもっとあったのに。
余計な火種になる気がするから、そういうのは最初からお花ありがとうございました
だけにするか、やるなら全部にした方がいいんじゃないの?とか思ってしまう。
なーんか中途半端な気しかしない。

 

このお節介現象、推しを思ってなんてのは、おこがましい話だ。
私は、ややこしいことになる推しを見たくないだけ。
全ては自己満足だ。
推しが炎上やカノバレ・クズバレしたら
多分、私は笑って話のネタにすると思う。
だけど、「しんど」って気持ちが蠢くのは必至。

 

あーでも、また推しの現場入りたいよ~。

 

推し大好きだよぉぉ!!

わたしの大好きソング

今週もね東京行ってたの。
今週はね推しを見に行ってたの。
帰りね!台風!はい!ツアーパックの飛行機ヤバそう!しかも返金してくれる状態やん。ほんまやばいやつやんって思ったので急きょ新幹線グリーン車。わーい。
(指定あいてなかったんや。)
そんな帰りの新幹線で、あんまり持ち歩かないiPodで私の大好きソング聞いてた。

 

Waive  いつか 

 

春色

春色

 

 

Waive(うぇいぶ)のシングル「春色」の3曲目!
「春色」もう既に廃盤かな!2003年発売だよ!一応、ベスト盤とかにも入ってる。
けど、それも廃盤くさい。
ちなみにWaiveは、もう解散してるんだ!
かなり傷えぐりまくりな解散*1だったけどね!

 

歌詞はこっちから!

www.joysound.com

公式動画基本的にないんだよねぇ。ここから45秒試聴できるけど、
私の好きな歌詞は全部でてこない。

jplayer

 


好きな歌詞1

ヒトだとか世間だとか、
そんなこと どうでもいい
この想いにだけリアリティーが
あればいい…!


前はあまり響かなかったけど、ここ3~4年はずっと響いている。
ヒトだとか世間だとか、そんなことどうでもいいって
言いながらも仕事する時とかは、どうでもいいってわけじゃないけど、でもどうでもいいって思ってる。


好きな歌詞2

「いつか、死ぬ僕たちは。」

 

そう、いつか死ぬ。いつか死ぬよね。
いつか死ぬんだけど、今生きてるんだよねぇ。
生きてるから、いろいろやるんだよねぇぇ。
でも、いつか死ぬんだよねぇぇぇ。
だから、いまやっとこ!!ってなってしまう。
推しのことも見に行きたいってのも今やっとこ!だよ。

 

好きな歌詞3

キミに逢えて鼓動の音が愛しく思えた


キミを全部好きなものにするといいよ~。
なんだよ、りあこソングかよ。
でも、今の推しに対してはあんまり思わないかな。
大好きなものを思い返すとき、ずっとこのフレーズ。

 

 

そもそもこの曲、当初は好きじゃなかったのに、彼らが解散して何年か経ってから急に好きになった。再結成*2の絡みもあるかもしれないし、自分が死にかけたのもあるかもしれない。きっかけは自分でもよく分からないけど、色んな時の色んな場面でずっと頭に流れてきちゃう。時々、聞いてはこの曲いいよねぇ~。ってなっちゃう。

 


推しも今まで応援していた人もみんなみんな、なんやかんやで大好きだよ!

  

 

あ、Waiveの元メンバーの面々は
アニメ「裏切りは僕の名前を知っている」の主題歌を歌ったり*3、『活劇 刀剣乱舞』に「証」と「彩」って曲を提供したり、古川雄大さんのライブサポートメンバー(多分、今はやってないかな)として活動したりされていますので。

 

 とりあえず、帰ってくることはできました。
ちなみ乗る予定の飛行機は飛ばなかったよ!やったね!

*1:ボーカルとギターが解散ライブのパンフレットで言ってること違うとかありえる?雑誌で言ってること違うとかありえる?解散ライブほんまにメンバー嫌そうとかありえる?いやぁ、あれはもう思い出したくない。

*2:解散約5年後に解散ライブやり直しをして、更にその解散ライブのやり直しのやり直しをして、最初の解散から10年後にまた再結成とか、ほんまありえる?

*3:当時はそのタイトルまじかよ。ってなりました。

ポセイドンの牙  Version蛤を見てきたよ!


応援してる人(推しじゃないw)を東京に見に行った時、
夜どうしようかな!って思っていたらチケット余ってたらしく
近い所にホテルとってたので、見てきたよ!

www.mmj-pro.co.jp

ナカツ県の乙亀(オトガメ)市にある水産高校に通う陽気なバカ男子仲間・スイサンズたちはある日、自治体の資金難から母校がなんと防衛人材育成高校(男子校)へと変わる計画を聞く。海と女子と夢と女子を愛するスイサンズはそれを阻止するべく、乙亀市海外のスニオ岬の海底に沈むと伝わる「黄金の釣針」を手に入れようと画策。しかし期を同じくして、海底に沈む太古の神々がその「釣針」をめぐり動き出すのであった…。



若手俳優界隈だと原嶋元久さん、小松準弥さん森田桐矢さん、小早川俊輔さんかな?(前田座長ごめん。)
テニミュドンピシャ世代的には、森山栄治さん、汐崎アイルさんって、テニミュキャスト多いなこれ。

小早川さんはプリステで、原嶋さんはミクロワールドファンタジアで今年の夏、おみかけしました!(ミクロワールド・ファンタジアの感想書いてないわ)
ネタバレ多々ありの感想




●いきなりやってくる高校生
授業が始まる場面から始まるんですけどね。
客席にキャストがわんさか出てくる。
いわゆるスイサンズってな若手俳優陣は前方席で
やいのやいのやってるみたいです。
通路席とかは正直、いやだ・・・。こわい。
でも、やいのやいのやってるのを遠くから見るのは楽しかったし
他のキャストさんのわちゃわちゃも楽しかったよ。


●素敵な女性陣
ほんと女性陣が皆さん素敵で!(男性キャストが素敵じゃないというわけじゃないが。)
大塚さん演じるアワビがかわいかったの!「あの時助けてもらった!」って
言って、賢人と互いに目があって、照れてるアワビがかわいかったの!
全体的に女性陣は力強く描かれていて、知花(シルヴァ)も、トメさんも、
アムピトリテも、ミミさんも、エリー先生も。そして、ある意味、宇宙期(ソラキ)のお母さんも。だってずっと笑ってたしね。
あーでも印象に残ってたの、みなこさん(愛原実花さん)以外だと、やっぱりミミさん演じる大塚由祈子さんかなー。
次も見たいよぉーって思って彼女のスケジュール調べるくらいには、惹かれたけど
次の現場の時は私、全部予定埋まってたよ残念。次の次の現場は見てみたい。
山下聖菜さんもすごくかわいいし、かわいいけど武闘派キャラで、立ち回りかっこよかったよ。


●自由すぎるポセイドン
岡田さんのポセイドン自由過ぎ。それも貫禄故の賜物なのかもしれないけれど
客席に絡みに行っていて、イケメンで呼んでほしいらしく
お客さんが遠慮がちに誰かの名前を呼ぶのだけど。
そこは、誰か「上川隆也さん」と言ってほしかった!
私も粗品欲しいw
だけど、やっぱりおふざけっぽいけど、力を取り戻した時のポセイドン凄いよねぇ
感じ悪い。やっぱりこのおじさんふざけてるけど、信じちゃいけないおじさんだったんだなって思わされた。



●イカ飯にされるイカ議長
イカ議長って出てくるの!いや、イカの議長なんだけど!
なにそれってなるよね!でもイカの議長だから!
キャラクター的に一番好きだったかも。
冷静かと思いきや、最後の方はちょっと熱いところを見せていた。
でも、一番好きなのは、イカ飯にされるところ。


●セールストーク上手な座長
前田航基さん(まえだまえだのお兄さん)が初座長(かつ初舞台?)だったけど
そんな感じなくて、そりゃ映画とかは出られてるし、芸歴長いですものね。で、チケット余ってたりしたようなので、カーテンコールの挨拶でチケットの宣伝や、物販の宣伝もされてたんです。なんか他のキャストは、「え、宣伝するの!?」みたいな顔してたけど、そういうの大事ですよね。ほんと。

私が推してる人、宣伝下手というか、宣伝ズボラというか・・・恥ずかしがりかよ!って思う時があるので、そういうのが言えるのが素晴らしいなと。(演技の話じゃないんかい。)

役者さんって舞台に立つことが本分でその為にボイトレしたり、ワークショップ参加したりしてスキル高めて稽古もすると思うんですけどね。
でも、その披露する場を誰にも言わなかったら意味ないですよね。
宣伝は制作の仕事なのかもしれないけれど
やっぱり、役者さんが一言「ぜひ、見に来てください!待ってます!」
って言ったら、ちょっと印象変わるんじゃないかな~と。だから、推しにはもっと自分をPRしてほしいよぉ!

まぁ、そんなことはさておき。


君の名は。問題。
この物語に出てくる高校生たちは、劇中ポセイドンを含む神様に遭遇するんですけどね!なんか神様たち輪廻転生してるみたいでね!
呼び方が、違うんだよねぇ~。あなたポセイドンじゃなかったのかよぉ!
アルジュナってなんだよぉ~。それインドの神様ですやん!!みたいな。


●客席使い過ぎちゃうかな問題
今回のお芝居に関しては客席をこんなに使う必要あったのかな?と若干思ったり。
客席付近でしゃがんで喋ってたら、どんな状況かあんまり分からんなーと。


●最後にズドーン。
よくよく考えれば、最初と最後は繋がっている。
そして、終わり方はズシっとくる。
ディズニー版!と思って四季のノートルダムの鐘みにいくと、ズドーンって落とされるパターン。最初の方はコメディっぽいのに、最後には、スンって怖くなる感じ。

●詰め込みすぎかな?
冒険話かと思っていたら神話の神々が出てくるし、環境問題の話も出てくる。
色んな要素がまざっていて、それが面白い人もいるんだろうね。
私は、ギュッと詰め込まれすぎて、なんかしんどい。って思ったけど。




全然若手俳優のこと書いてないわ。
いや、結構男子高校生な感じでした煩悩まみれの男子高校生!
最初の方は笑いの要素豊富!
あ、そうそう。休日行ったけど、なんか座席がちょっと寂しかった。
でも、ぜひおすすめしたい!というわけでもない複雑な感じ。
ポセイドンと思ったらインドの神様でてきたのは、事前情報ないと厳しいなって思った。(私はたまたま世界史が好きだった。)

お星様だけじゃ伝わらない。

人さまのブログを読むのは好き。
たまにお星様つけてる。
「それ!!ほんまそれ!!」とか、「私も!!!」とか、「それいいな!」とか、twitterにあったお星様と一緒でまぁ、いろんな意味でつけてる。

そんななかこちらのブログ拝見しました。

 

 

konamon.hatenadiary.com

はいはい!わたし宝塚見たことあります!先月も行きました!
そして!私の宝塚での私の好きな生徒さんがこのかたのブログで紹介されていた!!!
ロイヤルぅぅぅ!!!!(名前出さんのかい!)
何やってもロイヤル!!
今度悪役やって欲しい!!!


ちなみにその方ではないのですが、紹介されていた中で、宙組の純矢ちとせさんは、以前観劇した際に客席降りがあって、隣のお姉さま方がハイタッチ凄くて、私もやりたいけど、そろそろ戻らないとだし迷惑かなーって思って戸惑ってたら、ばちこん目が合って笑顔で手を差し出してくださって「うわぁぁあん」ってなってしまった。お優しくて美しい・・・。

 

そして!そうどの組の人も美人です!美人です!
だって宝塚音楽学校の応募資格の最後の欄、はいドーン!

 

容姿端麗で、卒業後宝塚歌劇団生徒として舞台人に適する方。

 

www.tms.ac.jp

 

そう美しい!美しい!
先日、宝塚以外のお芝居を観劇した際に生徒さんをお見かけしましたが
息が詰まりそうなほどお美しかった。

とまぁ、こんなのお星様じゃ伝わらないよね!
コメントしろよって話だけど、まぁいいじゃないか。

 

自己満足だよね。


推しにポップアップカードを作った。
なんで作ろうと思ったか、全く分からないけど!


そうだ ポップアップカード、作ろう。

 

そんな感じ。
家にある本を引っ張り出して、型の準備して、デザイン考えて、紙を用意した。


できあがった時に達成感はあった。
だけど、そもそもポップアップカードなんて
その辺にありふれているのに、なぜ手作り?
いやいや、ばばあの手作りポップアップカードをもらった推しかわいそう・・・って思ってしまった。
冷静に考えたら、いや、ほんとなんで?親しくもないのになんで?

 

とはいえ、作ってしまったし、捨てるのはなんか嫌なので、投げ込むんですけどね。
いやぁ、自己満足でごめんやで推し

コスプレ観劇割引きの話からのコスプレ観劇の話

 

時々、宝塚歌劇を見に行く。好きな生徒さんがいるので、ほどほどに。
ちょっと前に接触があって、いろんな意味でしんどかったですが、その話はさておき。(えーだって接触ないって聞いてたのにぃぃぃ!)
女性ばっかりの劇団というとだいたい、宝塚歌劇って思われがちですけど、他にもありるの!!
OSK日本歌劇団と歌劇 ザ・レビュー ハウステンボスハウステンボス歌劇団から改名したよ!)があります。
後者は私、まだ観劇したことないんですけどね。たまに状況確認しています。
宝塚歌劇団と同じく、いずれも劇団員の養成学校もあります!!
でも、私の知識もその程度なので、あとは全部公式さんにお任せ!特にOSKは複雑!!(待て)

 

OSK日本歌劇団

 

歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス | 感動のエンターテイメントをお届する「ハウステンボス歌劇団」の公式サイト

 

そして、OSKが12月に行う演目はドラキュラ!!
そしてなんと平日限定でコスプレ席があります!!しかもコスプレ席は割引!

» 2017年12月 | OSK日本歌劇団

 

規定見る限り、コスプレっていうか、仮装なんだと思うけど・・・。ハロウィン終わってるしね・・・。
攻めてきたなOSKと思いつつ、次から本題。

 

ところで、コスプレ観劇って観劇マナー的にどうなんですかね。

(OSKのコスプレ観劇の是非ではなく。)

 

結構、コスプレ観劇よくないって言われること多いなと思うんですけど、非常識!マナー違反!と叩くほどなんだろうか。と私は思ってる。
実際、私コスプレできてる人見たことあるけど、「コスプレしてきてるなー」くらいで、特に何も思わなかった。

 

レイヤーの人からはそもそもコスプレ会場以外で、コスプレするのが非常識と言われそうだけど、コスプレ会場以外でコスプレをするのって、どのあたりが非常識なんだろうって考えても、しっくりくるものが見つからない。
例えば、ロリータ服をきているキャラクターをコスプレしたら、それをコスプレというのか、ロリータというのか。ロリータとコスプレは別物なんだと当事者は言うだろうし私も、違うとは思うけれどでもその違いって、一般的ではないとは思う。
そうすると、ロリータもコスプレも一般的には単なる珍しい格好なだけじゃないだろうか。
まぁ、コスプレしたらトイレ占拠するって事例もほら、ハロウィンの時よく報道されるので、そういうのはあってはならないけれど、家からコスプレと言われる服ででてきて、多少メイクなおしをトイレでするくらいなら、コスプレやってない人もやってることだから問題なかろう。


ざっくり「コスプレ観劇」とtwitterやらGoogleやらで検索かけてみると、コスプレ観劇はマナー違反!とか、ちょっと前に叩かれた某アイドルの件が出てきて批判を読んでみた。
TPOとか演者でもないのに目立った格好しちゃいけないとか、様々意見があったわけだけれど、その中で
観劇におけるTPOってのを私になりに考えてみたら、髪盛ったり帽子をかぶったままだったり、背中を座席につけて深く座れない服装であったり、長時間移動できないのに、香水の匂い強烈・・・。とかいう物理的に観劇を妨げるものでないのかな?と。
例えば、バカボンのパパみたいな格好(コスプレではなく)でやってきたとしても、ハチマキをとって、じっとしてみてれば観劇におけるTPOは果たせているのではいのか?上のシャツが肌着っぽいので、外を出歩く格好としては若干、怪しくはあるが。

 

そして、演者でもないのに目立つなっていうのは、それは正直理解に苦しむ。コスプレが目立つのか。コスプレじゃなくても目立つものは目立つ。そんなもの気にするな。と私は思ってしまう。演者にとって邪魔って、そこは別に観客が配慮するところだろうか。演者は客席の服装なんぞに見ている場合じゃないと思う。あー私、過激派か?
公式が禁止してない限りはいいんじゃないのか。みたいなコメントもあった。だけどそこには、公式が禁止してないからって、やっていいことと悪いことがある!ってな返しが飛んでいた。
だけど、きっとそういう公式が禁止してないけど、悪いことって、大抵、人に物理的な迷惑をかける行為なのではないか?
例えば、電車の中で靴を履いたまま座席の上に立つことは、車内で禁止と書かれたりアナウンスされたりしないけど、座席汚したら次に座る人困るから、大人でも子どもでもダメとか、そういうもんじゃないかなと。


なんとなく、色んな意見を読んでみて、非常識っていうよりも、コスプレを見たコスプレ界隈を知る側が恥ずかしいと思ってしまったり、コスプレを見ると不快だからマナー違反!として叩かれているのではなかろうか。と感じられた。
同じお金を払っているのはみんな一緒なので、演劇を見る権利と他者の観劇を邪魔しない義務がそれぞれに生じると思うけど、心理的な部分にまでの配慮は求め過ぎなのではないかと。色んな地雷の全部にまで対応はできないと思う。


正直、他人が何を着て観劇していようが、別にどうでもよいなって思ってしまうのはやっぱり鈍すぎなのか。
コスプレ観劇を推奨も否定もしないので、物理的に観劇の邪魔されなければそれでいいかな。必要以上にイライラすると疲れるので。

 

更にどうでも見解として、コンサートの時のヒールについては、あんまり気にしません。背が高い人なんていくらでもいるし、ヒールの靴だってありふれたものだから。ただし、盛り髪はぐしゃってしたくなるんだろうなー。そういう人にあたったことがないけど。髪は元の場所にお揃えください。

てか、なんでこんなややこしい話を考えはじめてしまったんだ・・・。

気になるのはばばあだからだろうか。

最近、推しに対して批判気味になっている自分がいる。
ポツポツと気になるところがある。
SNSの使い方とか、生放送に出演した時の態度とか喋り方とか、少し前に入った現場でのカーテンコールの挨拶とかそういうところ。すごい細かいところだと思う。
俳優なんだから、そういうのってどうでもいいと思いながらも、でも推しを知らない人が見たらどう思うだろう。って考えてしまう。
そんなわけで先般も我慢できなくて推しに手紙で物申してしまったわけだけど。

 

私が推しの年齢の頃は自分が今、気になる所がちゃんとできていたかと思ったら、きっとそんなことはないはずだ。(芸能はやってないけど。)
私は推しを好きなように好きなだけ見るってスタンスだったはずなのに、それがブレてきてるのを感じてる。しんどい。
推しのこと考えるのやめたいし、推しの現場も入りたくなくなってきたけど、また現場に入ったから変わるかな。演技見たら変わりたいな。
推しの現場に入れば、全部チャラにできたらいいな。