土佐日記(嘘)

若者もすなる、はてぶ(ろ)といふものを、ばばあもしてみむとて、するなり

戦うものの歌が聞こえたかもしれない。

レ・ミゼラブルを見に行ってきました。

www.umegei.com

 


結局、相葉アンジョルラス・内藤マリウス回
え、だって初めてメンツだからいいじゃない。っていうのは言い訳で、ただただ、あの頃、よく見に行ったテニミュに出ていたキャストの今を見たかったそれだけです。

 

内藤さんを拝見するの、マハラジャ・モードぶりじゃないかな・・・。(いつの話や。)相葉さんはたぶん、CLUBSEVENぶり・・・。
マリウスよりもアンジョルラスが好きって理由で、相葉さん中心で見ていました。

 

一番感じたのは、私の中での彼らの記憶が古すぎて、二人とも別人みたいだった。特に歌い方。まぁ、当たり前なんですけどね。
現場は東宝ミュージカル。しかもレ・ミゼラブルテニミュと比べると倍以上の値段、生オケ、クオリティを求められる。だから、ちょっと不安もあったけれど、そんなのは杞憂でした。私はなんの心配をしていたのだ。
でも、実力不足だと、幕間でちらほらと辛らつなコメントがどこからともなく聞こえてくるからしんどい。
昨年、某東宝ミュージカルで、複数キャストの役柄で、某キャストの実力不足の声が幕間で聞こえたし、たぶんキャスト発表の時からぶっ叩かれてたし、チケットの取れやすさからして如実だった。だからこそ、そういうの怖い。

 

相葉さんあんなに歌い上げられるようになっていたとは・・・。公式映像見てたけど、生で見ると違う。これが、舞台の醍醐味かな。
そして、アンジョルラスの衣装がとても似合う。改めて、足長いの実感しました。運動家なので、仲間を率いる時には中心に立たれるので、そこには!アンジョルラスがいる!フランスの若き活動家アンジョルラス!!といった具合です。
幕間でも知らないマダム方々が、「アンジョルラス足長いわねぇ!若くていいわねぇ!」って言っていましたよ!!
ただ、お亡くなりになったあとのスタイル若干、悲惨でしたけれど。


あと、多少はアンサンブルに交じっている部分もあって、マリウスとコゼットの結婚式の時に、モーツァルトみたいなヅラかぶった執事姿で後ろでわちゃわちゃしているのが、私が知ってる相葉さんの雰囲気でした。
内藤さんと一緒に序盤で警官をやっている時も凛々しくてかっこよかったです。


まだ中日劇場公演が残っているけど、次はレ・ミゼラブル2019年か・・・。まあ、推しは出ないだろうな。ストレートがやりたいようなので。
でも、個人的にレ・ミゼラブルはしんどい思い出が多い舞台なので、キャスト次第で見に行くか決めます。そして、見に行くかはさておきだけれど、やっぱり大阪は次回も前回同様、フェスティバルホールが良いなと思います。梅田芸術劇場じゃたぶんあの下水道とか無理じゃないかな。(そこかよ)


そういえば、1789が新歌舞伎座らしいんですけど、いや新歌舞伎座でなんでフレンチロックミュージカル?ある意味、ロックなんですけどね。初演博多座でやってるからいいじゃんって話でもないんだからね!!!

あなたにお手紙書きましょう。

ただただ、ひたすら痛い
推しへのお手紙をネットにさらすばばあ。
もう一般人だから推しでもないからどこのグループにもでないから
本人に届く確率は極めて低いが。

 

-----------------------------------

 

推し

 

お久しぶりです。 いかがお過ごしでしょうか。と書きつつも、あなたの近況は、実は引退後に開設したブログをずっと読んでいたし、あなたが現在やってるSNS諸々も実は見ているので、聞かなくてもぼんやりは知っています。ストーカーみたいだな。気持ち悪い。
そんな私は、なんだかんだズルズルとファンをやっていたあの人のファンはやめました(まだ生存確認はしてしまうけど・・・。)。
ふんわり舞台界隈に戻ってきました。結局、戻ってくるものなんでしょうかね。

 

今の推しさんは、ちょっと服がださいです。顔が美しいです。そして、あなたみたいに夢を持っています。ただ、その夢を持ってる割にはもうちょっと・・・と思うことがありますが、それ言い出すと、昔の自分に逆戻りしそうなのでやめておきます。
昔の私といえば、あなたにいろいろとダメ出ししてしまいましたね。ついでに言えば、某舞台に出てほしいもよく言ってた気がします。その時のあなたの反応は全く覚えていません。ごめんなさい。
しかもあなたは私が掛け持ちしてるの知ってたから、色々と心配してくれましたね。私はそれにいつも甘えていたように思います。
ちゃんと行ってたの、ユニット時代と最後だけだよねたぶん。

 

本当にダメなファンです。というか、ファンと言えたのでしょうか。

 

覚えていますか。あなたは、私に次の仕事で最後にすると直接教えてくれましたね。
どうして、私にあなたがそれを教えてくれたのか、その心情は分かりませんが私が当時唯一、あなたのユニット時代の現場に行っていたからではないかと予測していますが、どうでしょう。
そんな風に、教えてくれたのに、私は激高しました。なんで辞めるのか詰め寄りましたね。
それでも、あなたは「ごめん。」としか言わなかった。
とても、私は最低です。あなたが謝ることなんてないのに。
あなたの人生です。あなたがいつ辞めようが私がとやかく言う資格はない。
しかも、そんな重要なこと先に教えてくれたのに。
そして、そのことをなかった態度で過ごしてしまってごめんなさい。手紙では謝ったけど、面と向かって謝れなかった。ほんとうにごめんなさい。もう、応援している人に謝らせることは一生しないです。

 

さて、こうしてなぜかネットであなたへの手紙を晒していますが、きっかけは、あなたが全然更新していなかった媒体で、少しだけ昔の話として、自分の過去を振り返っていたことです。
錯覚じゃなければ、あれはSさんでそれはNさんで、そして私じゃないかと思う描写があったように思います。
なので、うぬぼれた私はこうして、ネットの海にあなたへの手紙を晒すことにしました。
これをあなたが見つける確率はとても低いと思うのですけど。
だからといって、その媒体に私がコメントを残すのは控えたいので・・・。あ、そろそろ、あなたの近況を監視のように見続けるのはやめますね。
締めの言葉が上手く見つからないので、この辺りで私の恥晒しも終えたいと思います。
そして最後に、一番書きたかったことを書きますね。

 


推しさん
♡結婚おめでとう。末永くお幸せに♡

 

よくよく見たら。

推しの服の話。


チケット作業してたんです。
リダイヤルひたすらする作業なので
片手間に推しの写真を見ていたのですが
今まで、推し美しーくらいしか思ってなかったんですけど。
ふと、気づいたことがありました。


推しの服・・・ちょっとダサくないか?

 

そこに気付いてからかなり昔のもあさってみたが・・・・

あれ・・・?


とはいえ、ばばあもそんなにセンスないから
第三者的判断してもらおうと知人やら家族やらに
見せてみたんですけどね。
私が勘違いだよ☆みたいな回答もらえなかった・・・。

 

あ・・・・。

 

家族からは「じゃあ、推しにセットアップあげれば?」
って煽られたけど、もう俳優にプレはださないんだ!!!

降りしきる土砂降りの雨

WOWOWの番組を見ていて思うこと。

 

テニミュ見たさに結構前に、WOWOWに加入しました。
入ってみたら、私にはあっていたようで
結構、色々見ています。その中でも特に楽しみにしているのが、こちら。

 

natalie.mu

福田雄一さんが脚本・監督を務める番組、グリーン&ブラックス
月1回っていうのは、出演者が舞台中心にされているので、そんな頻繁に
撮れないだろうからしょうがないんだけど、物足りないくらい。
毎週みたい。
番組構成は最初にちょっとしたコントパートがあり、
そのあと、有名どころミュージカル楽曲歌唱パート、
最後にトークパートがあります。

タイトルにもお顔がありますが、恐らく今の日本ミュージカル界を
牽引しているといっても過言ではない井上芳雄さんをメインとし色々なところでお顔を拝見する方々ばかり。
割とコントコーナーはぶっとんでます。
個人的には、みなこさん(愛原実花さん)のぶっとび加減が好きです。美しいからこそ余計に。
歌コーナーは私の中では「闇が広がる*1」という個人的高ぶりポイントは放送2回目で終わったので、見る時はあー豪華な組み合わせだなーってな感じで見ています。
結構コントコーナーに重きが置かれているようで、トークは結構短い気がしますが、直近の回では、トークコーナーに東宝ミュージカルで常連の顔ぶれの中に、城田優さん、平方元基さん、川久保拓司さん、相葉裕樹さんが。
あれ。なんかこれどこぞで見たことあるなー。
SHICHIHON☆槍いるなー。あ、川久保さんは風魔かー。なんて
まぁ、でもやっぱり、テニミュって思うんですけど。二代目手塚部長と不二先輩。

 

恐らく、戦国鍋やテニミュなんかに出てから東宝ミュージカルに出ることは、余計に苦労したこともあるんじゃないかと思っています。テニミュ1st経験者は、そういうコメントだしていたこともあったようななかったような。
でも、ふと気づけば東宝ミュージカルのキャストには、テニミュ経験者の名前よく見かけるようになった気がします。
来年は、古川雄大さんがモーツァルトですもの。
4代目不二先輩が、モーツァルトになる未来、あの頃は想像できなかった。
1回は観に行きたい。僕こそミュージック。


まぁ、いろいろと並べ立ててみたけど何が言いたいって
グリーン&ブラックスではテニミュの歌もどなたかやってくださらないかしら!!!
福田さんそこのところ、できればよろしくお願いいたします。
あれもミュージカルですよね!!!


ヘビーレイン*2なんてどうでしょう!!!

 

こ れ 大 好 き な ん だ !

 

そんなグリーン&ブラックス、次回は9月23日深夜0:00から!
相葉ジョルラス*3が衣装着用で、民衆の歌もあるよ!

 

 

 

ちなみに、9月23日は、前回、前々回の再放送もあるよ!
WOWOWはネットから申し込んで、カード決済すればすぐ見られるよ!
ネットから申し込めば数か月はネット割も適用されるよ!
WOWOWの回し者か・・・)

www.wowow.co.jp

 

 

 

そうそう。最後に話題のグループの話
あんまりダラダラ書かないけど
なんとなく気を使いすぎてしんどそうやなって。
おい、くそばばあ他人事かよって話なんですけど。

 

最初に作ったものと趣旨が違ってきたと思うならなくせばいいと思う。
新しいグループ作りたかったら作ればいいと思う。
謝ることも、誰かに聞くことも、別にしなくていいと思う。
移動するも、辞めるも、作るも自らに適当なものを選べばいいのでは?なんて。

*1:エリザベートでルドルフ皇太子とトート閣下のデュエット曲

*2:テニミュ1st全国氷帝跡部と不二の歌

*3:レ・ミゼラブルで相葉さん役がアンジョルラスなので

夏を駆け抜けた。

プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGEエピソード4
を見た話。

 

この舞台、プリンス・オブ・ストライドって原作があるんですけど、
これ原作全く知らなかったんです。
でも、いつのまにかだだはまりしていました。
まず、この話の軸が、タイトルにもある、ストライドという架空の競技です。
端的にストライドって、街中をコースにするリレーってところでしょうか。
でも、絶対にハイタッチをして次走に繋げるところや、ランナーだけでなく、リレーショナーというスタートのタイミングとかをランナーに伝える役目の人がいたりして、そういうところが、一つストーリーに繫がるのかなと。
想いを繋ぐ物語って、奈々ちゃん言ってたしね!(ネタバレじゃん。)

 

とりあえず、原作については、諸々公式みてね!

 

プリンス・オブ・ストライド 公式ポータルサイト | ABOUT プリストって何?

 

 

じゃあどんな舞台なのよ?
って話についても、公式動画あるから見てみて!!


舞台『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』エピソード2 PV

 

 

まぁ、こんな感じです。
そして、私がたぶん、この舞台にはまったところは以下のとおりかな。


1.客席通路までもキャストが走り、その振動、息遣いを感じられる迫力

通路横じゃなくてもいいんです。十分、振動が伝わってくる。
だから、その世界に自分もいるような気分になって、だからこそ、
とてもキャラクターやチームの感情にも心打たれるんじゃないかなと。

 

2.原作の大会の日付のリアルイヤーであること。
上記のような迫力に加えての、日付が一緒っていうことのリアル感。


3.舞台が続きものである。

エピソード1~エピソード4という形で続きものでやっていたんですよね。
こう、続きもの舞台を私がたぶん、好きなんだろうなーって思います。立海も前編・後編好きだったので・・・。あと1回でぎゅってしようとしないから、丁寧に描かれてるんじゃないかな。キャスト変更のなんたら~ってちょっと話題になった時に、あーこんな舞台あるんだーって、知ったので、エピソード2からしか見ていないのですが。


そしてそもそも学校の部活のチーム同士が戦って、高みを目指していくって要素が強いので、何校が学校があってそれぞれの試合にドラマがあってそういうところも好きだなーと。
そして、今回私はこの舞台で初めての経験をしまして、今まで例えば2.5次元の舞台にいってもどこかの学校とか所属に肩入れするってことがなかったし、テニミュでもまぁ学校が負けたとか、そういうので泣くことはなかったんですけど、今回は、ちゃっかり、西星学園っていうチームに肩入れしてしまって、エピソード4では、号泣していました。ばばあ号泣でごめんやで。
もしかしたら、今日は西星勝てるんじゃないか。怜治さん半歩足りないどころか、半歩越えていけるんじゃないか?
そんなことを想いながら、あぁ、今日も負けてしまったな・・・と思っていました。おいおい。
だけど、西星学園の試合以外でもあぁ、夏が全部終わるんだ・・・って凄く泣いてました。ずっと泣いてたしか書いてないな。


大阪も全部入ったんですが、なんやかんやで埋まっていたように思います。千穐楽で主演の伊崎さんが、「こんな知名度の低い役者そろえてエピソード4までするとか頭おかしいんじゃないかって思った!」というようなことをおっしゃっていたんですが、エピソード4は結構、チケット取りづらかったイメージなので、最初のキャストが思ったことを考えると成功した舞台だったんじゃないでしょうか。


ただ、今回の公演で残念だったのは大阪の会場が森ノ宮ピロティホールじゃなかったこと。
最初に書いたとおり、本当にキャストはめちゃくちゃ走り回ります。ついでに、通路での演技なんかも多いです。
場所によっては、2階席だと見えません。
それは運営は分かっているようで、東京公演はずっとシアター1010で2階席あるところなので、2階はチケット代安かったです。
ただ、エピソード3まで、大阪は森ノ宮ピロティホールで、あの会場って1階、2階って区分けがないので、どこでも見える
(正確には前方だと体を結構ひねったりする必要があって、動くと後ろの人に邪魔だから、見ないという選択肢が多いけど。)
なので、エピソード4もピロティでやってほしかったんですけどねぇ。
まぁ、豊中も綺麗な劇場でしたしね。場所取れなかったならしょうがない話ですし、客席数は増えたので多くの人に入ってもらえたなら、良いのかもしれません。
あと、もう1点残念な点あげるとすれば、これはエピソード4に限らずなのですが、ペンライトを持ち込んで使っていいシーンっていうのがあるんですけど、ペンライトOKは出るけど、ペンライト消灯はでないし双眼鏡を無我夢中で覗いてると消すの忘れそうになるし、ペンライト消す時、まわりでみんなカチャカチャ音なるし、でもステージでは演技始まってるし・・・あれは、もうなんかもうちょっと、決まった時にしてほしいなー。なんて。
そうは言っても、エピソード2行った時に、これは私まだ見るわ。ってなって、公式ペンライトちゃっかり買ったんですけどネ!
ちなみに、過去2回そのペンライト客席に忘れてきたけど、全部帰ってきてる。

 

そんなプリンス・オブ・ストライドTHE LIVE STAGEエピソード4で完結でしたが、エピソード4の大千穐楽にて、エピソード5が演者にもサプライズで発表されました。
個人的にはうーん。と思いつつ、でも原作の方も乗り気で、完全新作エピソードってことなので、1回は入りたいなって思っています。
制作のことは気にしないで、ぜひ一度、ストライドを体感しにいくのはいかがでしょうか。


プリンス・オブ・ストライド「THE END OF "END OF SUMMER”」Part 1 ――舞台『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』Episode5 発表


あ、そうそう舞台の主題歌になってる曲がめちゃくちゃいい!!!
これわたし、聞いただけで号泣できる!!!
現在受注中だよ!!!試聴もできるよ~。

 

5th-launch.booth.pm

 

 

伝えるのはムズカシイ。

 

つい、先日推しにお手紙で要望した話。

 

 

tika-tika.hatenablog.com

 

イムリーだなと思ったので。要望というか、なんというか。
以前、お手紙のエントリーで基本は褒めるけど、
ちょっと頂けないってとこは指摘するって書きました。

 

まぁ、ちょっと頂けないなってことの時は、アグレッシブにならないようにアサーションとやらを心掛け、言い回しを考えて、書くときはある。でも稀。まぁ、割と私の本質がアグレッシブ星人なので、上手い言葉が見つからないなら、書かないというノンアサーティブの選択もあり。

泣きながら書いた推しへの手紙を誰か届けてよラブレター - 土佐日記(嘘)

 


ほんと、そのちょっと頂けないがここに来てくるとは・・・。
いや、積もり積もった結果なんですけどね。
それが何がというのはぼかしますが、
ずっと、ずっと、ずっと気になっていたことで
ただ、それやってるの同世代の若手俳優は他にもいるし、
わざとやってる気もするけど、もの知らない子みたいに見えるからやめてほしい。
少なくとも、社会ではそれ通用しない。
もっと端的に言うと、変だからやめてほしい。と思っていたことがありまして・・・。
改めて、やっぱりやめてほしいなと思ったので・・・。
というか、今まで彼の周りの大人は誰も指摘しなかったのか!?
指摘されたことない!?変だって言われなかった!?くらい思ってます。
えぇ、ほんと。

 

さすがに、上記のことを全部をありのままに書くのはあまりにあまりすぎるので
〇〇の部分が◇◇だと思いました。今までの〇〇を△△にすると、よりよくなるように私は、思ったのですが、どうですか?
というようなニュアンスで書きました。
その事象に対して、「わたし」がどう思ったか。そして具体的なことを提案する。
とはいえ、前述のとおり、

 

変だからやめてほしい。っていう気持ち満載なんですけどね!


でも、そこはファンレターなので、そんな攻撃的になったところで、わざわざ時間割いて読んでるのに、変だから辞めろなんて書くのは失礼な話なので。
まぁ、それの結果はどうなるか分かりませんし、読んでないかいもしれないし、
読んでてもまだ続けるならそうか。と思うだけです。
それはなんらかのポリシーなんでしょう。
ただ、その光景を見るたびに私が「はぁぁ・・・。」とため息吐くだけです。

 

世間は狭い。

ちょっと前に、若手俳優が出てる舞台を見に行きました。
何回か入ったのですがうち、1回が最前列だったので
近いなーと思いながら見ていたら、なんとなく
一人の演者さんを見て「ん?」と思いました。
なんかぞわってしました。
公演後も、なんかあの人気になる。って思った。
でも、推したいとかそういうのじゃなくて
どっかで見覚えがある気がする。なんでだ?っていう謎な感情。
前に見たかな?パンフかな?いや、なんか違う。なんか違うなー。ってモヤモヤしつつ観劇回数を消化しました。

そして、なぜかちょっと前のことが
急に気になって調べた結果。


同窓生でした。

 

多分、同じクラスになったことないから同窓生と思ってるけど、名前に見覚えがあるというのは、同じクラスになったことがあったのかもしれないけど、覚えてない。
パンフ掲載の出演作に入ったことあったのですが、全然気づかなかった。
世間って狭いですね。ほんと。
同い年の人が、舞台にあがってて、すごいなーって思いました。


とりあえず、推してる人じゃなくて良かったです。

 

だって気まずいじゃん・・。
そして、その気まずいの既に経験してるからもう勘弁。