土佐日記(嘘)

若者もすなる、はてぶ(ろ)といふものを、ばばあもしてみむとて、するなり

気軽にとれないチケット。

基本、私は自分が観劇したりしている趣味を周りにはオープンにしていて、最近、全然そういうのに興味ないと思っていた人から、割と若手俳優界隈で激戦のチケットがとりたいと言われた。すでに、一般発売は終わっていた。なお、偶然にも私はこれを関西以外のチケットをたまたまもっていたので。(たまたまではないな。一応、ほかの演目にあわせて必死こいてとった。)ほかの地方なら行く?とは聞いたけど、関西以外は行くのが厳しいとの回答。となると基本無理っすね!としか言いようがなかったけど、せめてもう少し早くに聞いてくれたら、なんぼでも協力したんですけども・・・というなんと)も言えない感じなった。
そりゃこの界隈知らん人間からしたら、(人気舞台という認識はあったみたいだけど)そんな血反吐吐きそうなほどのチケット争奪戦を繰り広げているなんて思わないよね。

 

でもって、大体の人は大方予定とかもろもろそういうのがあるだろうし、そんな気軽にやれ他の地域に行けるもんでもない。この日でーとか希望だすけど、界隈の人間は見られることに重きをおいて、チケットに予定あわせることも結構あるだろうし。(なお、私は結構後者のパターン。)
となると、一般というか、初心者には結構厳しい世界だよなぁ・・・と思う。
まぁ、そういうのをくぐり抜けて、おたくも今があるんだろうとは思うけど。
それでも今のチケットの取り方って初心者にはなんとなく不親切な気もする。そりゃ主催だってチケットも売りたかろうだし、円盤も売りたかろうだし、そこまでして手にいれるような人なら高額転売もまぁ、せんかなっていうのとかもあるんだろうし、プレイガイドだってそりゃ先行で売る方が手数料がっぽりだし、先行やめてくれとか主催が言ったら取り扱ってもらえない可能性だってあるし、一応出演者側だってFCあるわけだから、そういうそちら側の先行だって実施しないといけないだろうし、チケット売る側にもいろいろとご事情はあるんでしょうけども。

だけどなんか、モヤってするものがあるんですよね。昔が良かったかといわれたら、そういうもんでもないと思うけど。みんながみんなハッピーになれるものというのは非現実的ではあるんだけれど、なんだかなぁと。